外食産業の派遣で身に付くスキルや能力

外食 派遣

外食産業で派遣として働く場合、正社員とは違いスキルが身に付いているのかは、雇用者側にとっても重要です。もし仕事の上で十分なスキルが身についていない場合は、早急に身に付けないと、自分自身が不利な立場になります。スキルを大きく2つに分けると、フロアのサービスと厨房のサービスに分けられます。フロアはお客様との対応が中心になりますが、料理を運んだり、テーブルを拭くなどの仕事もあり、立ちっぱなしのことが多いため、体力が必要です。体力が必要で、さらに細かいことに気が利く性格の人なら、フロアにピッタリの性格です。それとは逆に厨房ではずっと料理を作っていたり、食器を洗う人たちは、同じ作業をする時が多く、じっくりと落ち着いて作業することが要求されます。特に食器洗いの場合、同じ動作の繰り返しの場合が多く、長時間の作業はストレスがたまる場合があります。

コミュニケーション能力が要求されるフロア担当

フロア担当者はお客様との対応が主な仕事になります。必然的に話すことや聞くことが中心となり、コミュニケーション能力が要求されます。言葉遣いはもちろんですが、対面する仕事なので、髪型やユニフォームの清潔感が大切です。たとえ派遣社員でも、正社員と同様の身だしなみに気を付けて、お客様に不快な気分をさせないことに注意しましょう。コミュニケーションスキルは経験することが大切です。毎日の仕事上コミュニケーションスキルが磨かれ、どんどんお客様の対応が上手になるはずです。特に会話や話を聞いて対応する能力は伸びるはずです。外食産業だけに留まらず、お客様と直接接する機会がある仕事では、コミュニケーションスキルは切っても切り離せません。それは会話が苦手な人にとっては、厳しい職場になります。

地味な仕事が苦手な人は苦手かもしれない厨房

外食産業は厨房が重要な仕事です。派遣社員でも厨房での仕事に携わる人もあるでしょう。外食産業では厨房で作った食事の味は客足に直接影響します。食事の味はリピーターが訪れるかどうかに大きく影響します。おいしくないお店は、他に魅力的なサービスがない限り一度きりしか行かない人がほとんどでしょう。そして厨房を清潔に保つことは、食中毒を予防することにつながります。ユニフォームの清潔さはもちろんのこと、不潔な髪型や長い爪などは、厨房の仕事には不向きです。どうすれば食品を清潔に保つことができるのか、日々の仕事から学ぶことができます。食器洗いは単調な仕事が続きますが、その都度清潔をいかに保つか、お客様にはわかりにくい仕事ですが、食器を清潔に保つことからも店の信頼感が増します。地味な仕事が多い厨房ですが、お店にとっては大切な仕事を担当しています。