外食産業を選ぶ派遣社員が重視する条件

外食 派遣

外食産業とは、家庭外での食品製造、飲食ができる場の提供を行っている業種のことをいい、食堂や旅館、料亭や喫茶店、ファーストフードなど広い分野をさしています。市場規模25兆円以上とも言われており、注目の分野となっています。外食産業は常に人手不足の状態が続いており、多くの求人が出ています。とはいえ、直雇用の正社員やアルバイトといった働き方よりも、比較的自由度が高く時給も高めの派遣社員として外食産業に勤める方が増えてきています。派遣社員として外食産業を選ぶ方の多くは限られた期間のみ、人が足らない時のみ、といった自由な働き方を求めている傾向にあるといえます。直雇用の場合よりも時給が高めに設定されていたり、複数名体制での勤務だったりと、働きやすさを重視する方が多いです。

外食産業に興味がある方こそ派遣という働き方

外食産業に派遣社員として働き始めたことをきっかけに、経験を生かして事務職などの正社員になれるというケースも多いです。また、直雇用よりも経験や年齢などの条件へのハードルが低めとなっており、なかなか外食産業に縁遠かった方もチャレンジしやすいです。外食産業は立ち仕事が多いこともあり従業員がなかなか定着しない傾向にあります。社員ではなく派遣社員として勤務すれば契約期間があり、期間終了まで働くといった割り切った考え方もできます。今後オリンピックの影響もあり積極的な採用が続く業界です。接客が好きな方、調理の経験を積みたい方に、まずは派遣としてある程度の期間をめどに働くスタイルもおすすめです。働き方の相談は派遣会社が全ておこなってくれるため、理想の働き方、条件の整った働き方を見つけやすいです。

人手不足の外食産業だからこそ派遣として働くのがおすすめ

外食産業全体において、人手不足は慢性化しており、アルバイトを上手に活用する必要があります。どの企業も時給は上昇傾向にあり人材の確保に努めている企業が増えてきています。自社で行うアルバイト確保が厳しい現状、企業側が派遣社員の活用を積極的に行うようになってきました。同じアルバイトとしてでも短期間しっかり稼いで働きたい方に派遣はおすすめです。派遣社員は派遣会社を通じた契約であることから、労働条件や給与面、ストレスなどのトラブルも受けにくく不安なく働く事が出来ます。期間も区切られており、契約満了までという気楽さもあります。短時間勤務や副業の方などにも向いており、仕事に振り回されることなく自分のペースで働く事が出来るのがメリットです。企業側も時給を上げてでも安定した人員確保を望んでいます。外食産業で派遣として働く方法はねらい目です。