希望の派遣先を外食産業で探すためのコツは

外食 派遣

働き方のスタイルも多様化していて、正社員以外では契約社員やパート社員、アルバイトのほかに派遣社員などがあります。正社員に比べて就業条件に関する自由度が高い派遣社員としての働き方を選択する方は少なくありません。派遣社員として働くことのできる業種は多種多様で、自らの働き方や志望する職業を数ある中から選択することができるでしょう。外食業界での派遣社員としての働き方もそのひとつです。日本では社会全体で労働者不足のため、現在は求職者に有利な状態と言えます。企業側でも人手不足を解消するために非正規雇用者の採用を積極的に行っている所は多くあります。育てた人材が長く働けるように、それぞれのライフステージに合わせて就業時間を柔軟に対応するなど各社、様々な工夫を凝らしています。

派遣会社で取り扱っている外食産業の仕事

外食産業に関する業務は派遣会社でもたくさん取り扱っています。飲食店の店舗でのホール係やキッチンスタッフもそのひとつです。ホール係は主にお客さんからのオーダーを聞いたり、レジ操作など、接客が主な仕事です。キッチンスタッフは仕込みや調理、食器の洗浄といった厨房内での業務が主になります。これらの仕事に資格は特に必要ありませんので初心者の方にも始めやすい職種と言えますが、接客の経験やコミュニケーション能力などは採用に有利な条件となるでしょう。また、食材の発注業務や在庫管理など事務的な業務でも派遣社員が行っている企業もあります。食品製造会社のスタッフとして食品盛り付けのライン作業や食材のカットや調理などもあります。どの仕事にも言えることですが、派遣社員として働くためには同じ業務の経験があると有利です。

外食産業で希望の仕事を見つけるためには

外食産業で派遣社員として働くためにはまずは派遣会社に登録することです。派遣会社といっても様々あって、会社によって得意分野は少しずつ違いますので既に登録してある派遣会社がある場合でも、複数の派遣会社に登録することで派遣先の選択肢も大きく広がることになります。希望のお仕事を探すためには何よりも情報収集が重要になります。派遣会社のコーディネーターと密にコミュニケーションをとることは情報交換にもなりますし、自分の人柄をアピールする場にもなりますので、派遣先探しの大きな役割になることでしょう。希望の就業条件や職種についてのヒアリングの際にはできるだけ具体的にはっきりと伝えましょう。曖昧な説明は後々になって思っていた内容と違うなどトラブルのもとなりますので、遠慮せずに自分の意志を明確に伝えることが大切です。